工場経理マン雑記

学生時代には経理になるなんて全く考えてなかった人のブログ。経理の実態、就活などについて思うこと書きます。

入社1年目にして縁もゆかりもない地方の田舎に配属されてしまった人が豊かな生活を送るために

f:id:ZEYO:20180409225225j:image 

4月は多くの企業で新入社員研修が行われる時期です。

 

会社によりますが、遅かれ早かれ配属先は決まってくることです。

 

2年前、僕はまさかの地方配属を告げられました。しかも、期間はだいたい3年とのこと。

 

最寄り駅の近くには交番しかなくて、端的に言うと絶望しました笑

 そんな地方配属者が、楽しく過ごすためにはどうすれば良いのか?

 

実体験に基づいた記録です。

 

 

 

1.まず自転車を買おう

僕は社会人になるまで関東を出たことがありませんでした。

 

もちろん旅行などでは他県に行くことはありましたが。

 

関東は鉄道が発達しているので、交通の弁に困ったことはありませんでした。

 

また、駅前は大抵ある程度栄ているので、生活面でも困ったことがありませんでした。

 

ところが、メーカーで地方配属となると周りには何もありません。

 買い物するのにも一苦労です。

 

田舎度合いによもよりますが、自転車は必須アイテムです。

 

新入社員の人は、ある程度お金が貯まるまで、自転車で凌ぎましょう。

 

4月、5月辺りまでは、自転車があれば、まあなんとかなるぜ!!というとこまでは意識の持ちようで持って行くことができるはずです笑

 

この時期は気温もそこまで高くないし、天気も良いことが多く、それなりに楽しめる人もいるかもしれません。

 

ちなみに僕は考えなしに目に入った本屋にふらっといったり、TSUTAYAに行って面白そうな漫画を探したりすることが好きだったのですが、そのようなことは一切できなくなり、寮も古い(築50年)しで、かなり絶望してました笑

 

 

2.できれば車を買おう

 車です。

 

東京、神奈川あたりに住んでいる人は、車なんて必要ないぜ!と思う人も多いかと思います。

 

この感覚が、地方配属となると、一瞬で変わります。

 

自転車を買ったみなさん。

 

そのあと数週間して気づくはずです。

 

「これ、雨の日、なんも、できねぇ」と。

 

そう、自転車の最大の弱点は、体力を消耗するということももちろんありますが、雨に弱すぎるということです。

 

6月になって、梅雨にはいると思い知らされるはずです。

 

自転車だけでは、休日何もできないということに。

 

金融やメーカーでは、若いうちに地方を経験させて、そのあとは本社に呼び寄せるというキャリアパターンが結構あります。

 

数年とわかっていたとしても、車があるのとないのとでは、生活水準は大きく変わります。

 

僕の場合、たまたま同じ課の人が車を買い替えるタイミングがあり、格安で使わなくなった中古の車を貰うことができました。

 

一般的にいっても、中古であれば、そこまで高くはないはずです。

 

車は生活を一気に変えてくれるので、多少お金がかかったとしても、購入の検討をオススメします。

 

それか最近はリースというのもあるみたいですね。

 

カーシェアリングという手もあります。

(僕のところは田舎すぎてこの選択肢はなかったですが。)

 

若者の車離れは確かに進んでいますが、この機会に考え直してみるのも一つの解決策ですよ!

 

運転ができるようになると、旅行なども行ける範囲が広がりますし、お金との相談かと思います。

 

 

3.田舎でしかできない趣味を作ろう

やはり地方ということで、都会にはないメリットも確かにあるのです。

 

地方に長く住んでいる人は、遊び方が違います。

 

カヌーとか持ってる人普通にいます。

 キャンピングカー持ってたり、家にガレージがある人とかもいますね。

 

それはそれで都会にはない楽しさなのです。

 

僕のオススメは、以下の3つです。

①ゴルフ

②釣り

ロードバイク

 

①ゴルフ

ゴルフは地方ということもあって、コストが最小限に抑えられます。

 

都会でゴルフしようとすると、お金が半端なくかかります。

 

もちろん、道具を揃えるための費用は田舎でも都会でも変わりませんが、プレーするために必要な費用は大きく変わってくるはずです。

 

僕も、先輩のゴルフクラブを借りて、打ちっ放しには二回いきました。

 しかしその二回で終わりました笑

 

やはりお金がかかりすぎます。

 

あと休日会社の付き合いでゴルフせざるを得ないという状況も避けたかったので、僕は断念しました。

 

②釣り

これは車とセットではあると思います。

 

釣りも、釣れると楽しいです。僕も社会人になってからはじめてやってみました。

釣りは、どこまでやるかにもよりますが、ゴルフほど費用はかからないはずです。

 

安い釣竿は数千円で購入することが可能です。

 

ただ、最初は経験者とともに行くのが好ましいですね。

 

地方配属となって釣りにはまり、休日早朝から出かけて獲物を取りに行く人は、少なからずいたりします。

 

ロードバイク

これ、僕の推しです。

 

中古であれば、ロードバイクは数万円で購入が可能です。

 

普通に楽しいです。

 

最高速度が段違いなので、ママチャリに乗れなくなります。遅すぎて乗ってるのがアホらしくなってしまうのです。

 

なにより1人でできるというのがでかいです。

好きな時に好きなところに行けるのがロードバイクの強みです。

 

冬と夏はきついですが、それ以外の季節であれば、ダントツにオススメです。

 

まあ、車の利便性には勝てないので、全く面白くないという人もいますが笑

しかし、圧倒的にストレス発散になりますよ!

 

 

4.ネット環境を整えよう

WiFi環境を整えるのは大事です。

 

僕はAmazonプライム会員なので、Amazonが配信している映画やドラマはいつでもみることが可能です。年会費数千円で加入できるはずです。

 

また、会社の寮ではNetflixなどを使用している人も多いです。

 

これやっちゃうと、休日、マジで部屋から出なくなるので、最後に持ってきました笑

 

ちなみに僕は、youtubeなどもあまり見ないのでそこまで依存度は高くないと思います。

 

ドラマは好きなので休日や、平日の就業後に

見たりすることとがおおいですね!

 

 

5.最後に:地方配属を楽しく過ごす最強の手段

と色々と述べてきましたが、地方配属を最強に楽しくする最強最速至高の方法は、近くで彼女/彼氏を作ることです。

 

これに勝るものは何もありません笑

 

僕の同期は殆どが配属当初、彼氏彼女もちというリア充集団(笑)でしたが、気づいたらみんな別れており、今一番楽しそうなのは、配属と同県内の彼女を合コンで見つけた人です。

 

彼は、配属当初、彼女と別れた直後でした。

 

そんな彼だからこそ、素早く次に動けたのでしょう…。

 

もちろん続く人もいますが、いくら学生時代に長く付き合っていたからといっても、遠距離恋愛となってしまうと、別れる確率は格段にあがります。

 

keiri-shukatsu.hatenadiary.jp

やはり近くに彼氏・彼女がいるのはありがたいことだなーとしみじみと感じます。(ちなみに僕は遠距離恋愛うまくできなかった奴です。)

 

最近は出会い系のアプリも発達してるのでそれを使ってみるというのも手なのかもですね~。

 

ということで、みなさんが地方配属生活を楽しく過ごせることを祈っています!

▼最後まで読んでいただきありがとうございます!スターやツイッターなど、ポチッと押していただけると大変励みになります!