工場経理マン雑記

学生時代には経理になるなんて全く考えてなかった人のブログ。経理の実態、就活などについて思うこと書きます。

世間の「経理」に対するイメージに反論を試みようと思う。

f:id:ZEYO:20170526210634j:plain

経理って何してんだ・・・?

こう抱く人も多いはずです。

僕は学生時代、そもそも経理という職種に興味さえありませんでした笑

 

世間が抱く「経理」のイメージに対して、入社2年目の僕がその実態をせきららに綴ります。

 

 

1.真面目・几帳面・無口

まあこれはぶっちゃけ人によるんじゃないでしょうか。

僕の課の経理の人々は、プライベートだとまったくこういう感じではないですね。

むしろ、アウトドア派もいれば、飲み会が好きな人もいれば・・・って感じで、

まさにダイバーシティです。

 

ただ、仕事にはこういった面が必要とされるため、上記イメージがついているのだと思います。旅費や伝票、その他データの入力が必要となる場面では、他部署の人たちのミスを指摘したりすることもあるため、几帳面で、細かいと思われることが、実際にはあると思います。

 

しかし、それ、仕事でやってるだけであって、好きでやってるわけじゃありません笑(少なくとも僕はそうです)

入力ミスされると、システムでエラーでることもあるし、伝票が適当だと、会計監査のときに何言われるかわかったものではないので、そうなるだけです。

 

無口、というのも、会社や組織によるのかな~。うちはそんなことないんですがね・・・。

 

 

2.地味で単調な作業をコツコツとこなしていく

これは否定はできないっすね。

経理業務の基本は、日々の経費処理を行ったり、報告資料を作成したり、など

同じような業務を毎月回してくことです。決算時も、やることは、大体同じです。

 

ただ、地道な作業を繰り返すことによる気づきが、業務効率化のためのアイデアを生むこともあります。システム化ができるようなプロジェクトに関われると、経理としては、面白いと思います。

 

また、トラブルが起きたときには、他部署の人と関わっていくことが必要となります。

ここまで書いて、経理ってホント陰キャラだなって自分で思ってきましたが、他の人とコミュニケーションがとれないと、経理としての職務をしっかりまっとうできるか怪しいと思います。「経理=陰キャラ」というイメージはおかしい!!

 

 

3.運動不足

おっしゃる通りです。

 

 

4.長年働いている、お局様(独身)が組織を牛耳っており、社長なみの権力をもっている。

これは都市伝説…と思ったあなた!!!

案外嘘ではないかもしれませんよ

僕の課にも、40代独身の先輩がおります。女性です。

さすがに社長なみの権力はもっていませんが、なぜか僕の上司は、旅行や出張の際には、かならずその人にお土産を買っていきます。

 

役職的には、僕の上司の方が上なのですが笑

この関係はなんなんですかね。

 

ちなみに噂話とか大好きなので、変なことすると一瞬で消される可能性はあります笑

ほんと怖いっすね~~~(席は僕の隣にいらっしゃいます、許して

 

 

まとめ

世間のイメージ、だいたい当たっとるやないか!!!

反論できてない気がしますが、経理、思ってるほど悪くないよってことが言いたかったのです。以上!!

 

▼最後まで読んでいただきありがとうございます!スターやツイッターなど、ポチッと押していただけると大変励みになります!